ホームページ制作会社が倒産!?私のホームページ、どうなるの?

ホームページ制作会社が倒産

ホームページの制作と維持管理をお願いしていた会社が突然倒産!

そんなことになったら、あなたはどうされますか?

「えっ!?うちのホームページどうなるの?」と戸惑われる方も多いのではないでしょうか。

今回は、ホームページの維持管理している会社が倒産や廃業して連絡が取れなくなってしまった場合の対応と、今後に備えて対処されておかれると良いポイントをご紹介したいと思います。

 

ホームページの管理会社が倒産した場合

「ホームページの管理をお願いしていた会社が倒産して、連絡が取れなくて困っている」というご相談を頂くケースがあります。

それ以外でも、「ホームページの維持管理を全て任せていた個人事業主の方が急にお亡くなりになられて、ご家族の方も仕事の話は全く分からず、困っている」というお話を頂くこともあります。

ホームページの管理会社と連絡が取れなくなった場合、何をすればいいのでしょうか。

まずは「ドメイン」と「ホームページのデータ」を調べましょう。

この2つさえ何とかなれば、管理会社と連絡が取れなくなってもホームページを復旧できる可能性があります。

 

ドメインの所有者を確認する

ドメインの所有者まずは、あなたのホームページのドメイン(○○.comのようなホームページアドレスです)の所有者を調べましょう。

「そりゃあ、もちろん私のものでしょ」と思われるかもしれませんが、実はそうとは限らないのです。

あなたのホームページのドメインは、ホームページ制作会社に全て任せて取得されていませんでしたか?

ごく稀に、ドメインの所有者があなたではなくホームページ制作会社になっている場合があります。

実際弊社にご相談頂くお客様でもドメインの所有者が誰になっているかをはっきり認識されていない方もたくさんいらっしゃいます。

仮にホームページを管理している会社が倒産したとしても、ドメインの所有者があなたであれば、データを別のサーバーに保存して、DNSサーバーというものを再設定すれば再びホームページを公開することが出来ます。

しかし、倒産したホームページ制作会社が所有者になっている場合、あなたがホームページのデータを持っていても、ドメインが解約されてしまうとホームページは表示されなくなってしまいます。

 

【最悪のケース】ドメインを変更する

ホームページのデータを持っている場合は、別のドメインに変更すれば同じ内容で表示することは出来ます。

その場合、今まで使用したドメインは無駄になってしまいます

いろいろなサイトからあなたのサイトに張られたリンクも無駄になります。

長期間運営されたドメインは、検索エンジンが検索結果の上位に表示する基準の一つでもあります。

長期間運営されたドメインには、非常に高い価値があるのです

せっかく価値があるドメインを無駄にしてしまっては、もったいないですよね。

ドメインの管理自体はたいした手間はありませんので、今後はご自身で取得されて、設定は制作会社に任せるというかたちにされるのが良いと思います。

 

ホームページのデータの場所を確認する

バックアップホームページの制作会社が突然いなくなってしまった場合、最悪の場合でもデータさえあれば復元が出来ます。

倒産した制作会社がドメインの所有者の場合、ドメインは変更することになりますが、バックアップデータさえあればホームページ自体は復元出来ますので、今までの苦労が全部無駄になるということはありません。

ホームページのデータは「サーバー」に保管されています。

サーバーがあなた自身で契約している場合は、データはそのサーバーの中にありますので問題ありません。

もし、倒産した会社が契約していて、定期的にバックアップデータをもらっていた場合は、そのデータでホームページを復旧できる可能性があります。

ここで注意しておかなければいけないのが、ワードプレスというシステムを使っているサイトのバックアップです

ワードプレスというシステムは大きく分けて「サーバー上のデータ」「データベース」「プラグイン」という3つの構成で成り立っています。

この3つ全てのバックアップを取っておかなければ復元することが出来ません

 

【最悪のケース】ホームページの作り直し

サーバー情報が全く分からず、バックアップデータもない場合は、どうしようもありません。

気を取り直して、新しくホームページを一から作る事になります。

 

万が一の管理会社の倒産に備えておく

管理会社が倒産して、ドメインも変更して新しくホームページを作ることになった場合、同じことを繰り返さないように以下の点を押さえておきましょう。

 

ドメインを自分で所有する

ドメインの取得はレジストラと呼ばれるドメイン登録業者のサイトからおこないます。

お名前.com」や「ムームードメイン」などが有名です。

ドメインを所有したら、ドメインの細かい設定などは管理会社にお願いしましょう。

 

サーバー情報を保管しておく

サーバーは専門的な知識がなければ運営できませんので、サーバーの運営は管理会社に任せるのが良いと思います。

ただ、全てを任せて何の情報も無いと、管理会社と連絡が取れなくなった場合にホームページの変更が出来なくなってしまいます。

サーバーには「ログイン情報」というものがありますので、ログイン情報は必ず保管しておきましょう。

 

FTPアカウント情報を確認しておく

FTPアカウントとは、データやデータベースを保存しているサーバーに接続して、サーバーにデータを書き込んだり、サーバーのデータを取り出したりするための情報です。

通常は「ホスト名」「ユーザーID」「パスワード」 の3つの情報になります。

この情報があれば、維持管理業者が突然いなくなってもサイトのデータを取り出すことが出来る可能性があります。

ただし、先程書きました「ワードプレス」の場合、FTPアカウントがあってもデータベースは取り出せませんので、ご注意下さい。

 

HP制作会社が倒産してお困りの場合

「ドメインやら、サーバーやら全く分からない!」という方もいらっしゃると思います。

「とにかく、どうしたら良いか分からないので困っている」という場合は、とりあえず当社にご連絡下さい。

お手元にある情報を頂ければ、出来る限りの調査をさせて頂きます。

調査後に当社に維持管理をお任せ頂ける場合は、調査費用は頂きません。

サーバーは当社のサーバーに置くことも出来ますが、先程お話しましたようにお客様が契約したサーバーに置くことも可能です。

こちらの動画でもご説明していますので、是非ご覧ください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以前、大手サーバー会社のデータが消失して大問題になったことがありましたが、万が一に備えてご自身のサイトのデータのバックアップを取っておくことは非常に重要です。

ホームページはドメインやサーバーに保存したデータのように見えないものをシステムを使って管理するので専門の業者に任せっきりになっている方も多いのではないでしょうか。

管理会社の倒産以外にもさまざまなリスクがあります。

大事なホームページがなくなってしまわないように、ご自身で出来る対策をとられておくことをおすすめします。

 

    お問い合わせはこちら

    お電話またはこちらのフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

    お電話でのお問い合わせ

    スマートフォンの方は下の画像をタップして下さい。

    無料問い合わせ


    フォームからのお問い合わせ

    お名前
    メールアドレス
    件名 ホームページ制作について保守管理の移管についてお持ちのホームページ改善についてその他のお問い合わせ
    お問い合わせ内容
    上記の内容にお間違いがなければ、チェックを入れ送信してください。