見出しタグの付け方

[記事公開日]2019/10/08

ホームページで情報を発信する際に「見出しタグ」をつけることは非常に重要です。

読む人にとって読みやすくなる事に加え、検索エンジンからの評価も高くなります。

 

見出しの目的

見出しは文章を理解しやすくするために使います。

見出しには大見出し(見出し2)、中見出し(見出し3)、小見出し(見出し4)があります。

この文章の上の「見出しの目的」という部分が「見出し2(大見出し)」になります。

下の「見出し2(大見出し)の使い方」が「見出し3(中見出し)になります。

 

見出し2(大見出し)の使い方

「見出し2」で「何を書くか」をはっきりさせます。

「○○の注意点」や「○○のメリットとデメリット」「○○とは」のようなものが「見出し2」になる場合が多いです。

 

見出し3(中見出し)の使い方

見出し2で書かれていることを整理して書きます。

「○○の5つのメリット」(大見出し)だった場合、「メリット1」「メリット2」・・・「メリット5」が見出し3になります。

「見出し2」の内容を箇条書きで簡単に書いたものが「見出し3」になるようなイメージです。

 

見出しタグの付け方

それでは、当社で制作するサイトを例にして、具体的にどのように見出しタグを付けるのかをご説明します。

見出しタグは以下のようにして付けます。

 

 

お問い合わせはこちら