ホームページ文章ライティング勉強会

情報発信する中で重要なことは「濃い内容の情報」を発信することです。
Googleなどの検索エンジンは濃い内容の文章を検索順位の上位に表示する傾向があります。
では、そもそも「濃い内容の情報」とはどういったものなのでしょうか?

例として下記の文章は内容が濃いでしょうか、それとも薄いでしょうか?


<相続税に関して>
相続税対策はその仕組が非常に複雑な為に素人が自らおこなった場合、思わぬ失敗を
してしまう事があります。

プロと素人の差が大きく出るのは当然の事、相続税の専門家の中でも大きな差が出る
場合があると言われています。

是非、相続税対策は長年の経験と多くの実績のを持つ当事務所にお任せ下さい。


結論を申し上げますと、こういった文章は検索エンジンから「内容の薄い文章」と
判断される傾向があります。
何故かというと「相続税」という部分を「節税」又は「SEO」といった単語と置き換えて
みて下さい。文章として問題無く意味が通じると思います。
このように「相続税」以外の単語を入れても通じるような文章は相続税に関する専門性が
低い情報と判断される傾向があります。

例えば

「相続税対策をお考えで『相続時精算課税制度ってどんな制度?』という方は
相続税対策で長年の実績と経験のある当事務所にお問い合わせ下さい。」


といった文章であれば相続税に関係する文章と判断される傾向にあります。

当社ではホームページ制作後もこういった文章の書き方や更新方法等の勉強会を行っております。

1年後に「差」が出るホームページになるようスタッフ一同フォローさせて頂きます。