SEOシステム会社の方との打合せ

[記事公開日]2015/02/20
[最終更新日]2015/11/19

先日、SEOシステム会社の方と打合せをしました。

最近のSEOに関しての情報交換をしたのですが、以前のように大量に外部リンクを貼ってという対策は本当に効果が小さくなってきているみたいですね。
10年以上前は「とにかく検索結果で上げたいワードを書く」ということで、背景色と同じにしたキーワードを背景に書きまくったり、線に見えて実は超小さいフォントのキーワードで書かれていたとか、今となっては笑い話のような事を真剣にやられていました。

その後は「リンクが多く貼られているサイトは価値が高い」という基準になり、今度は無料ブログを大量生産して鬼のように目指すサイトにリンクを貼るような時代もありました。とにかく沢山リンクを貼る為のサイトを作れる力のある強い者が勝ち!北斗の拳のラオウのような人が覇権を握るような時代ですね。

そしてラオウもケンシロウに破れ、今は「コンテンツ」の時代。

アミバのように人体実験はいけませんが、コツコツと有益な情報を集めて内容の濃い文章を発信していく事が重要な時代になってきています。
内容の濃い文章に関してはこちら

内容の濃い情報を書く為に、どういった単語をどのように書いていけばいいかといった事を調べるのにSEOシステムというのは非常に役に立ちます。
単純に文章の単語だけではなく、ホームページのh1、h2、alt属性等モニターには表示されないけれども検索エンジンが見るプログラム部分の最適化にも役立ちます。

SEOシステムというのは、そのシステムを使えば簡単に順位があがるというものではなく、作業の「指標」を指し示してくれるようなものです。結局は自分で考えて自分の手で作業をしなければならないのですが、この「指標」というのが非常に重要なんです。今回打合せをしたシステムはWEB上の10万以上のページを分析し、100項目以上の要因と検索順位の相関性を調査解析してくれるという超優れものです。こんなこと自分で出来ませんから。

このシステムの作業自体地味ですが、今の時代のSEOは本当に地味な作業の連続です。システム会社の担当者の方のお話を伺っていても、相当地味な作業を根気強くされています。ただ、そういった地味な作業の積み重ねは簡単にコピペで真似出来ないので価値があると思うのです。

弊社でもSEOサービスをしておりますが、こういった地味な作業の積み重ねでサイトの価値を上げていく事に重点を置いた「簡単に真似の出来ないサイト」にするサービスを提供させて頂きます。
SEOに関してはこちら