ワードプレスとは

[記事公開日]2016/03/30
[最終更新日]2016/11/15
ワードプレスとは

「このホームページはワードプレスというCMSを使って制作しているので、管理費が高いんです」と説明されて、「え?ワードプレスって何?」と思われた事はないでしょうか?

「ワードプレス」や「CMS」のような専門用語を使われても、「じゃあ、何が普通のホームページと違うの?」と思いますよね。

このページでは、ワードプレスとはどんなものなのか、そしてワードプレスの管理費用はどれくらいなのかをわかりやすくご説明します。

 

「ワードプレス」って、なに?

ワードプレスとは「最近よくワードプレスって言葉を聞くんだけど、普通のホームページとどう違うの?」という人もいらっしゃるかもしれません。

ワードプレスとは、簡単に言いますと「ブログをつくるシステム」です。

「え!ブログ?あの、アメブロとかの?」と思われたかもしれませんね。

そうなんです。

ワードプレスは、あのアメブロとかFC2、はてな、Yahooなどが提供しているブログと同じ「ブログ」をつくるシステムなのです。

 

CMSとは

CMS「ブログ」と言われてもわかり難いかもしれませんので、もう少し専門的な説明も付けくわえておきたいと思います。

ホームページはHTML、php、CSSと呼ばれるプログラムを記述して作成します。

新しいページを作ったり、ホームページの内容を変更したりする場合、これらのプログラムを追記しなければいけません。

これにはかなり専門的な知識が必要になります。

しかし、アメブロのような無料で提供されているブログサービスは、文字を打ち込んで更新ボタンを押すだけで、簡単に新しいページが作れますよね。

アメブロのようなブログシステムは、CMS(コンテンツ マネージメント システム)と呼ばれるシステムの一つになります。

CMS(コンテンツ マネージメント システム)とは、これらのプログラムを直接記述することなく、文字を打ち込んで更新ボタンを押すだけで、画像やデザイン、リンクなどを自動・半自動的に作成することが出来るシステムです。

ワードプレスも、このCMSの一つなのです。

 

一般的ホームページと無料ブログサービスの比較

CMS以外の一般的なホームページとアメブロのようなブログと比較した場合のメリットとデメリットをみてみましょう。

 

一般的ホームページのメリット

会社やお店のホームページをみると1枚ものの広告のようだったり、Yahooのように3列に情報が並んでいたりしますよね。

ホームページによって、それぞれ自由な配置になっていて、とても見やすいと感じると思います。

HTMLとCSSというプラグラムによって、配置や文字の大きさ、背景色の設定などを細かく指定することができます。

このデザインの自由度が、一般的なホームページのメリットと言えます。

 

一般的ホームページのデメリット

一般的なHPのデメリットCMSのところでご説明しましたように、通常のホームページはHTMLというプログラム言語でページを作成しています。

新しいページを作成する場合、HTMLというプログラムでページの内容を作成した後に、サーバーにデータを送ります。(この作業を「アップロード」と言います)

これはある程度のWEBの知識がなければ出来ません。

ですから、新着情報のような新しいページを作ろうとすると、ホームページ制作会社に数千円から数万円支払って制作を依頼することになります。

新しいページの作成や文章の修正に毎回費用がかかってしまうことが、一般的ホームページのデメリットと言えます。

 

無料ブログサービスのメリット

ブログは、自分で文章を書いたり写真を挿入したりして、「公開ボタン」を押すだけでサーバーにデータがアップロードされて、ページが公開されます。

特別な技術や知識は必要ありません。

これなら費用をかけずに、好きなだけページをつくることができますよね。

この「新しいページを簡単に作成できる」という点が、ブログシステムの大きなメリットといえます。

 

無料ブログサービスのデメリット

無料ブログの場合は、記事が羅列されている構成になっていますので、昔に書いた記事は探し難い傾向にあります。

また、テンプレートは選ぶことは出来ますが、基本的な配置は決められていて、デザインの自由度は低いと言えます。

このデザインの自由度が低いという点が、無料ブログシステムのデメリットだと言えます。

 

ワードプレスのメリット

それでは、ワードプレスは一般的なホームページや無料ブログサービスと比較して、どのようなメリットがあるのでしょうか。

メリットが多いワードプレスですが、特に3つの大きなメリットがあります。

 

【ワードプレスのメリット1】簡単に情報発信が出来る

簡単に情報発信ワードプレスのすごいところは、デザインの自由度が高く、ブログシステムでありながら、(多少の制約はありますが)企業やお店のホームページのようなデザインにすることが出来るのです。

つまり、ワードプレスとは「今までのホームページのようなデザインでブログのように自分でページを作成することができるシステム」なのです。

このページの記事の中にあるようなイラストや写真も簡単に挿入出来ます。

全くHTMLやCSSの知識が無くても、簡単にページを作成することが出来ることがワードプレスの大きなメリットと言えます。

 

【ワードプレスのメリット2】SEOに強い!

SEOに強い検索エンジンの検索結果で上位に表示されるような対策をSEO対策と言います。

例えば「大阪 整骨院」などいろいろなキーワードで検索して、1位に表示されるようなサイトは「SEOに強い」と言われます。

ワードプレスは、このシステム自体がSEOに強いので、特別なSEO対策をしなくても、競合が少ないキーワードであれば上位に表示されるケースはたくさんあります。

最大のSEO対策は情報を発信することです。

「簡単に情報を発信できる」という意味でもワードプレスは、SEOに強いと言えます。

 

【ワードプレスのメリット3】機能を追加しやすい!

ワードプレスの機能追加ワードプレスには「プラグイン」というオプションのプログラムが多数存在します。

以前はメールフォームを作るにはcgiというプログラムを作って実装するという大変な作業でした。

しかし、ワードプレスであれば「contactform7」というプラグインを入れるだけで、簡単に問い合わせ画面を作ることが出来ます。

作業が簡単な分、制作費も安くすみます。

この他にもいろいろ便利な機能を低価格で装備できるのもワードプレスの大きな魅力です。

 

ワードプレスのデメリット

次に、一般的なホームページや無料ブログサービスと比較した場合のワードプレスのデメリットをみてみましょう。

ワードプレスのデメリットは、ずばり「維持費用がかかる」ということです。

 

ワードプレスの管理費は高い?

ワードプレスの管理費「ワードプレスはデータベースやプラグインなどのプログラムが連携していて、常にプログラムのバージョンアップや不具合があった時に備えたバックアップが必要なので、管理費が高くなります。」という説明が一般的なのですが、これって、意味わかりますでしょうか?

意味、わからないですよね。

でも、ワードプレスと一般的なサイトの管理の違いを簡単に説明するのって、確かに難しいんです。

ですから、メチャクチャ荒っぽく説明します。

要は、HTMLだけで作ったホームページはそのまま放っておいても、ほぼ問題が無いのですが、ワードプレスはある程度定期的に管理しないとホームページの表示や機能に不具合が出る可能性があると言う事なんです。(詳しくは「ホームページとは」をご参照下さい。)

つまり「HTMLのみのホームページ=手間なし」「ワードプレス=ちょっと手間あり」なので、「ワードプレスで制作したホームページの維持管理費は高い」となるのです。

 

ワードプレスのホームページ管理費の相場は?

ワードプレスで制作したホームページの管理費は各社設定金額は数千円から数万円まで幅があります。

これは、会社の規模にもよりますし、電話でのサポートや更新作業の頻度など、さまざまな条件によって変わってきますので、一概に相場がいくらというのが難しいです。

参考までに、当社ではワードプレスのホームページ管理費は月額3,000円(+税)です。

当社のサポート内容はテキストの更新・追加、データ管理、ドメイン管理、メール設定サポートとなっています。(詳しくは『ホームページの保守管理の内容』に記載しています)

 

メリットとデメリット比較一覧

システム ワードプレス 一般的HP 無料ブログ
情報発信の手軽さ ×
デザインの自由度 ×
維持費

 

ワードプレスの記事の書き方

自分で情報発信ワードプレスは文字を打ち込んで「公開」ボタンを押すだけで、簡単に記事を発信することができます。

今、お読み頂いているこの記事も、キーボードで文字を打ち込んで「公開」ボタンを押して作成したものです。

記事の書き方に関しましては、『ワードプレスで作ったホームページの記事の書き方』で詳しくご説明しておりますので、是非ご参照下さい。

たくさんの記事を書くと、記事ごとにまとめて表示するような機能も重要になります。

 

ワードプレスのホームページ管理会社を変更する場合の費用は?

ワードプレスのホームページを移管する場合、HTML・CSSといったプログラム、データベース、プラグインの3種類のデータを移管して紐付けなければいけません。

これは、かなり専門的な作業になるので、専門家に任せることをお勧めします。

サーバーの変更、ドメインのネームサーバーの変更、メールの設定変更が主な作業になります。

この作業費も一概に相場がいくらとは言えないのですが、当社では50,000円(+税)でお受けしています。

但し、データ量があまりに多い場合などは別途追加費用を頂いています。

移管後は月額管理費3,000円+税がかかります。

 

今のホームページをワードプレスに変更する場合の費用は?

当社では現在お持ちのホームページをワードプレスに変更する場合、258,000円+税~(10ページまで)でお受けしています。

11ページ以上の場合は基本的に1ページ12,000円+税がかかりますが、内容によって割引されて頂く場合もあります。

また、当社で制作しますワードプレスのホームページは標準でスマートフォン対応していますので、スマートフォン対応としての追加費用は必要ありません

※ワードプレスに変更出来ないデザインや機能のサイトもございます。

 

まとめ

まとめいかがでしたでしょうか。

ワードプレスにはどういったメリットとデメリットがあるのかをご理解頂けたかと思います。

ワードプレスは「定期的に情報を発信するサイト」として非常に有効なシステムですが、会社案内用として一切更新しないようなサイトであればHTMLで制作したサイトの方が管理費用が安くすむ可能性もあります。

ご自身のサイトの使い方によって、どのような作り方をするかを検討されるのが良いかと思います。

 

ワードプレスの管理会社の変更をご検討の方へ

現在ワードプレスのホームページをお持ちで管理会社の変更をご検討されている方、今お持ちのサイトをワードプレスに変更したいと思われている方はお気軽にご相談下さい。

 

お電話でのお問い合わせ

075-204-4377

 

ホームページからのお問い合わせ

お名前
メールアドレス
件名 ホームページ制作について保守管理の移管についてお持ちのホームページ改善について記事の書き方についてSEO対策についてその他のお問い合わせ
お問い合わせ内容
上記の内容にお間違いがなければ、チェックを入れ送信してください。