ワードプレスのログインパスワードの変更方法

[記事公開日]2016/05/26
パスワードの変更

ワードプレスは特別な専門知識がなくても手軽にホームページで記事を発信することが出来る、非常に便利なシステムです。

ワードプレスは自分のホームページにIDとパスワードを使ってログインすると、記事を書くことが出来ます。

ということは、IDとパスワードを使ってログインできれば、誰でもあなたのサイトから記事を発信できてしまうということです。

その他ホームページを改ざんして、悪意のあるサイトへの誘導することも可能です。

IDとパスワードを知られるということは、それほど危険なことなのです。

ですから、パスワードは出来る限り他の人に類推されるとこのないような複雑な文字列にする必要があるのです。

 

パスワードの変更方法

当社が制作後に設定しますパスワードは以下のように安全面を重視した非常に長いパスワードになっています。

例えば、こんな感じです→v#xPYUqgOAsH%z(OODb5qw1O

「いくらなんでも、こんな長いパスワードは嫌だ!」と思われる方もいらっしゃると思います。

そんな時のための、ログインパスワードの変更方法をご説明したいと思います。

それでは、どのようにパスワードを変更するのかをみてみましょう。

まず、管理画面左端の「プロフィール」をクリックします。

password-change01

 

「プロフィール」をクリックしますと、以下のような画面になります。

パスワードの変更は、このページの一番下の部分で行いますので、ページの一番下が表示されるまでスクロールします。

password-change02

 

画面の一番下の「アカウント管理」という部分でパスワードを変更します。

「新しいパスワード」と書かれている右横の「パスワードを生成する」をクリックします。

password-change03

 

「パスワードを生成する」をクリックすると、自動的に任意のパスワードが生成されます。

このパスワードをそのまま使用する場合は、下にある青いボタン「プロフィールを更新」をクリックして下さい。

これでパスワードは変更されました。

 

password-change04

しかし、このパスワードはあまりに長過ぎて覚えられないという人もいらっしゃると思います。

そんな時にはご希望のパスワードで設定することも可能です。

「新しいパスワード」の横に自動生成されたパスワードの欄にご希望のパスワードを入力してみて下さい。

パスワードの長さや組み合わせによって、以下のように表示されます。

password-change05

例えば「test」のような簡単なパスワードを登録することも出来るのですが、他人に推測されてログインされる危険があります。

出来れば「普通」又は「強力」と表示されるパスワードを設定しましょう。

数字、アルファベット、!$&などを組み合わせることで強力なパスワードになります。

どうしても「脆弱」なパスワードにしたい場合は下の図のように、「パスワード確認」の横の「脆弱なパスワードの使用を確認」にチェックをして頂くと登録が出来るようになります。

パスワードは自己管理となっております。

サイトの乗っ取りなどのトラブルもございますので、くれぐれも安易なパスワードは設定しないようにしましょう。

 

password-change06

 

パスワードを忘れてしまった!

当社で管理させて頂いているホームページの場合は、お客様がパスワードをお忘れになってしまっても、再発行の手続を致しますのでご安心下さい。

再発行のパスワードでログインして頂き、変更をして頂ければ大丈夫です。